So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

<タンチョウ>川霧の中で目覚め 北海道鶴居村(毎日新聞)

 国の特別天然記念物タンチョウがねぐらにする北海道鶴居村の雪裡川(せつりがわ)。霧氷で白く覆われた木々が朝日を浴びて輝くころ、眠っていたタンチョウが動き始める。湯気のように立ち上る川霧の中に、羽を広げたシルエットが浮かび上がった。

 氷点下20度になることも珍しくないが、ねぐらに近い音羽橋には夜明け前から数十人のカメラマンが並び、タンチョウの目覚めを待つ。タンチョウは午前9時ごろに飛び立ち、夕方まで近くの給餌場などで過ごす。【小出洋平】

【関連ニュース
上野動物園:ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も
不正取引:絶滅危惧の魚 3容疑者を逮捕 愛知県警
天然記念物:ツシマヤマネコを保護 長崎・対馬
クマゲラ:砂防事業の作業開始以降姿消す 北海道上川町
上野動物園:逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で

<超高層マンション>地震対策案を作成 住民と東京都中央区(毎日新聞)
普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談−小沢氏(時事通信)
<脅迫>小沢幹事長宅に実弾?入り郵便 政治姿勢を批判(毎日新聞)
首都高湾岸線で6台玉突き事故、8人軽傷(読売新聞)
ハイチ大地震 精力的な報道続ける米メディア(産経新聞)

雑記帳 「名水対決」名古屋市長、富山に1票(毎日新聞)

 「日本一おいしい水」を目指す名古屋市は28日、市公館で「名水他流試合」と称する水道水利き水会を開いた。相手は立山連峰を源とする富山市の水。名古屋市の河村たかし市長と「名水ご意見番」の24人が飲み比べた。

 おいしい水を決めるテレビ番組で富山市が1位になり、2位だった名古屋市が昨年10月に挑戦状を届けて対戦が実現。両市の水道水を分からないように別々のグラスに注ぎ、うまいと思う方を選んだ。

 結果は名古屋7人、富山が17人と名古屋が惨敗。河村市長が選んだのも富山の水で「なかなか『うみゃあ』こといかせん」と苦笑いしていた。【岡崎大輔】

【関連ニュース
名古屋市長:給与800万円案、曲げずに議会提出へ
名古屋市長:「がん施設」建設へ…損害賠償金無視できず
河村名古屋市長:地域委員会投票率「2〜3割あれば」
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
今年の漢字:名古屋の河村市長は「挑」…「芋」改め

自衛隊、21日にハイチへ出発(時事通信)
「高度専門看護師」の創設を提案―看護大協議会が声明(医療介護CBニュース)
小沢氏、土地売買「秘書に報告をしろと言ってない」(産経新聞)
<窃盗>見張り役は小5、38歳父親を起訴 神戸(毎日新聞)
「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気 (産経新聞)

社民党 普天間、現行案なら連立離脱 福島党首改めて示唆(毎日新聞)

 社民党の第12回党大会が23日午前、党本部で始まり、昨年12月の党首選で無投票当選した福島瑞穂党首の4選を正式に決めた。

【写真特集】米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

 福島氏はあいさつで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「覚悟を持ってみなさんとともに取り組む」と述べ、現行案通りの決着が図られた場合、連立政権を離脱する可能性があることを改めて示唆した。これに対し、来賓の鳩山由紀夫首相は「沖縄の皆さん、当然アメリカの皆さんにも理解してもらわねば最終的な結論が出せない。みんながそれなりに理解して『良かったね』と言ってもらえるような結論を導きたい」と応じた。

 連立政権発足後初となった党大会には、鳩山首相のほか、国民新党の亀井静香代表らも出席した。今夏の参院選で議席を倍増することなどを目指す参院選闘争方針などを決め、24日に閉会する。【白戸圭一】

【関連ニュース
イノウエ米上院議員:普天間「5月の結論なし」関係に影響
社民・福島氏:基本政策閣僚委の頻繁開催を要望
社民党:新成人に福島党首が支持を呼びかけ
社民・福島党首:普天間移設で米議員と会談
社民党:生き残りに危機感 福島氏に不満も

水俣病訴訟 和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
バイクで信号無視、容疑で大阪・岸和田の高校生逮捕(産経新聞)
<木曽川導水路>名古屋市、負担金支払いへ 建設費用含まず(毎日新聞)
街頭に防犯カメラ設置=東京・秋葉原の町会−無差別殺傷事件受け(時事通信)
小沢幹事長 「包み隠さず申し上げた」 聴取後に会見(毎日新聞)

産科医院前にヘソの緒ついた赤ちゃん置き去り 生後1、2日 千葉(産経新聞)

 21日午前7時20分ごろ、千葉県四街道市大日の産婦人科医院の救急・夜間出入り口前で、生後間もない裸の女児が、バスタオルなどにくるまれ、紙袋の中に放置されているのを同院の清掃担当職員が発見し、同院長が110番通報した。女児の命に別条はなく、同院で治療を受けている。県警四街道署は保護責任者遺棄容疑で捜査している。 

 同署の調べによると、女児は生後1、2日とみられ、へその緒がついたまま。ベージュのバスタオルと白地に水玉模様のひざ掛けにくるまれた状態で、スーパーの紙袋の中に入れられ、出入り口わきの植え込み近くに置かれていた。手紙や身元がわかるものはなかったという。

 同署は、同日午前4時半以降に女児が置かれたとみて調べている。

【関連記事】
路上に生後間もない乳児、死亡確認 前橋 
農道に赤ちゃん置き去り 千葉
自転車のかごに乳児を遺棄 容疑の18歳母と少年逮捕
安産、縁結びの神社に捨て子 大阪
埼玉・朝霞の小学校に乳児遺体

日航株、一時1円(時事通信)
【新・関西笑談】探せ未来の虎戦士(4)阪神スカウト 田中秀太さん(産経新聞)
考古学を一変?「卑弥呼の鏡は日本製」 桜井茶臼山古墳の波紋(産経新聞)
「府中駅どこ?」で振り返ったら… 公然わいせつ容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)

アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)

 北海道旭川市の旭山動物園で、オホーツク海の流氷とアザラシの生態を再現する「アザラシの流氷広場」が完成した。

 人気施設「あざらし館」の屋外プールに雪を投入するなどして水温を下げ、結氷させたもので、毎年来園客の人気を博している。

 水面の広さは約160平方メートル。流氷に見立てた氷の厚さは最大約2メートルもある。

 ゴマフアザラシが氷の合間からひょっこり顔を出したり、流氷の下を勢い良く泳いだりする様子が、来園客の目を楽しませていた。

<三井生命保険>顧客情報入りパソコン11台紛失(毎日新聞)
総務相「関係者」発言で重ねて釈明(読売新聞)
<振り込め詐欺>09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)
<南青山殺害>防犯カメラの男、再逮捕へ 別事件で起訴(毎日新聞)
安保改定50年で日米外務・防衛4閣僚共同声明(全文)(産経新聞)

覚せい剤入りゴム袋、大腸内に7個…組員逮捕(読売新聞)

 覚せい剤を詰めたゴム製袋を大腸内に隠して中国から密輸したとして、大阪府警と大阪税関は15日、大阪市此花区酉島、山口組系暴力団組員・林徹容疑者(31)を覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕したと発表した。

 大阪地検は同日、同法違反で起訴した。

 発表や起訴状によると、林容疑者は昨年12月24日、ゴム製袋(長さ約5センチ)7個に覚せい剤計約150グラム(末端価格約900万円)を小分けして入れ、広東省から関西空港に持ち込んだとされる。

 飛行機内で林容疑者がけいれんを起こしたため、着陸後に病院へ緊急搬送。検査のためのコンピューター断層撮影(CT)で発覚した。調べに対し、「中国人の女に報酬20万円で頼まれた」と認めているという。

歌会始の儀・来年は「葉」(産経新聞)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)
「私は信じたい」首相が小沢氏を改めて擁護(読売新聞)
水仙娘が福井の特産品PR(産経新聞)

室内物色、気づかれ殺害か…59歳男再逮捕(読売新聞)

 東京都港区南青山のマンションで昨年11月、飲食店経営五十嵐信次(のぶじ)さん(74)が殺害された事件で、警視庁は20日、器物損壊罪で起訴済みの住所不定、無職伊能和夫被告(59)を強盗殺人容疑で再逮捕した。

 伊能被告は黙秘しているが、同庁は、伊能被告が盗み目的で侵入した室内で、五十嵐さんに気づかれたために殺害したとみて、殺害に使われた刃物の特定を急いでいる。

 発表によると、伊能被告は昨年11月15日午後3時頃、五十嵐さん方で室内を物色し、五十嵐さんの首を刃物で刺すなどして殺害した疑い。この前後、現場近くの防犯カメラに伊能被告と似た男が映っていた。

 同庁幹部によると、伊能被告は昨年5月に出所し、埼玉県内の生活保護受給者用施設で寝泊まりしたり、建設現場で働いたりしていたが、事件当時は仕事をしていなかった。事件の2日後、器物損壊容疑で上野署に現行犯逮捕された時の所持金は数百円だった。

小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
「面接で着るスーツなくて…」万引き男逮捕(読売新聞)
産業ガスをめぐりカルテルか 大陽日酸など十数社に立ち入り検査(産経新聞)
東北道で30台絡む多重事故=数人負傷か−福島(時事通信)

ハイチ大地震 交錯する怒りと嘆き、進まぬ支援(産経新聞)

 【ポルトープランス(ハイチ)=松尾理也】ハイチ大地震は17日で発生から6日目を迎え、緊急支援の力点は生存者の救出から被災者の保護に移りつつある。とはいえ、支援は遅々として進んでいない。黙示録的な光景が広がる首都ポルトープランスの住民の間には、怒りと嘆きのふたつの感情が交錯していた。

 日本の医療支援チームが被災地入りしたこの日、潘基文国連事務総長も現地に到着し、国家機能を実質的に失ったハイチの現状を「過去数十年で最大の人道危機の一つ」と表現した。国連人道問題調整事務所(OCHA)によれば、各国救援隊は43カ国から1700人あまりとなったが、混乱は拡大しており、ハイチ当局は同日、30日間の非常事態を宣言した。

 倒壊した市中心部のホテル「ベル・ハイチ」。がれきとなった現場では、仏領マルティニーク島から来たレスキュー隊が救出作業をしていた。「まだ生存の兆候が残っている」。ホテルには考古学の発掘作業に携わっていたフランス人団体客が滞在していたという。

 ただ、一般的に「生存の限界」とされる発生後72時間が過ぎた今、作業の力点は次第に生存者の救出から、がれきの撤去や被災者の保護に移りつつある。ホテル近くの別の倒壊現場では、だらんと垂れた死体の手足が、がれきの撤去作業をしていたシャベルからはみ出していた。

 大地震のシンボルともなった倒壊した大統領府。フェンスで仕切られた外側で、被害が大きかった高台の住宅地から避難してきたというダビド・オキシジンさんは、「この青々とした大統領府の芝生はいったいだれのためか。被災者に開放すべきだ」と話す。

 大統領府近くのポルトープランス総合病院では、ジャン・レベック医師が青い手術着姿で忙しく立ち働いていた。休暇先の米国から急遽帰国したレベック医師は、「電気がなく、手術は昼間しかできない。病棟が倒壊して、術後は屋外のベッドに野ざらし。なにより発電機を届けてほしい」と訴えた。患者のベッドが野戦病院さながらに並ぶすぐ横の道路脇には、手足のない遺体が転がっている。

 被災者による間に合わせのテントが立ち並ぶ聖アン広場では、看護師資格を持つというギレン・シャジャマさんが「政府からも、国連からも、なんの援助もまだ届かない」という。野宿が続く被災者にとって、被災から晴天続きだったのが唯一の救いだが、「そろそろ雨が降る。いったいどうなるのか」と不安は募る一方だ。

 暗い表情を見せる被災者は現在、倒壊家屋から掘り出した食糧の残りで食べつないでいる。広場中央には、被災者で分け合うための食事がぐつぐつと煮えていた。「食べ物はみんなで分け合う。ここでは暴力や盗難はほとんどない」。阪神大震災を始め、大災害直後にみられる原始共産制のような相互扶助が、ここにも出現していた。

 印象的なのは通りに人があふれていることだ。黙々と一人で、時には男女が手をつないで早足に歩く人たちで、通りという通りはごった返している。

 いったい、どこに行くのだろうか? 裁判所の前でじっと通りを眺めていたシーラブ・リンドアさんに聞いてみた。彼らは家をなくした。交通手段も壊滅したから、歩くしかない。あたりまえではないか、と不思議そうに答えたリンドアさんは、しかし、しばらく考えてこうもいった。

 「ひょっとしたら、壊滅したこの街を記憶に焼き付けておきたいからかもしれない。たぶんみんな、歩かずにはいられないから歩くんだよ」

【関連記事】
ハイチ大地震 自衛隊医官ら70〜80人を派遣へ
中国、ハイチ大地で死亡した隊員8人を“革命烈士”に
首都の空港、受け入れ可能機数が1日100機に増加 ハイチ大地震
治安悪化で30日間の非常事態を宣言 ハイチ大地震
「国際社会の一員として頑張る」 日本の医療チームがハイチ到着

新型インフル輸入ワクチン、2月中旬にも接種開始(産経新聞)
日韓外相会談 日米韓連携強化などで協議(毎日新聞)
<内閣法制局長官>政府特別補佐人から外れる(毎日新聞)
「石川議員に頼まれ証拠隠した」 元秘書が自民勉強会で告白(産経新聞)
女性に売春させる契約、派遣型ヘルス経営者ら逮捕(読売新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。