So-net無料ブログ作成
検索選択

自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し(産経新聞)

 1年前は政権与党の座にあった自民党に、存在感が見えない。首相指名に続き、週明けには組閣が予定されるなど、世間の耳目はしばらく民主党に集まりそう。どこまで野党の存在感を示せるか。参院選に向けた戦略の見直しも迫られそうだ。

 「すべて参院選のためのようにしか思えない」。目前の参院選に立候補予定の三原じゅん子さんは、民主党の一連の動きに憤りを隠さない。

 遊説先では民主党への批判を強く感じるという。「街頭では自民党への声援をすごく感じる。追い風が吹いていると思う」。埋没感については気丈に「そうは思っていません!」ときっぱり。

 それでも自民党の危機感は強い。4日午後7時からのNHKニュース。民主党の話題が約20分間放送されたあと、自民党の出番は谷垣禎一総裁と大島理森幹事長のコメントが2人合わせて30秒ちょっと流れたのみ。

 自民党にとって「失態続き」の鳩山首相の政権運営は、政権奪還への足掛かりをつかむ好材料だった。しかし、菅直人新首相の誕生で民主党支持率が持ち直し、参院選に向けた風向きが一変する可能性がある。

 幹部からは「鳩山、小沢両氏がいっぺんに辞めたら争点がなくなる」(森喜朗元首相)との声も出る。「敵失頼みの限界が露呈した。谷垣執行部の刷新を求める声が必ず出てくる」(中堅議員)という声すら聞かれる。

 気になるのは、週明けに明らかになる、菅新首相選出の結果を反映させた世論調査の数字だ。世論調査に詳しい川上和久明治学院大学副学長は「直近の安倍、福田、麻生の3内閣の発足の際は、内閣支持率は約20%回復した。『人心一新効果』ともいえ、今回も民主党への支持は回復するだろう」と見る。

 その上で、自民党については「依然、古い体質を払拭(ふっしょく)できていない。これまでのところ自民党支持率にあまり変化がないのはそのためだろう」と厳しい見方をしている。

【関連記事】
強い左派色 外交・安保に不安 菅直人新首相
鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅
新首相の「脱小沢」に警戒 自民
民主党ニヤッ…支持率急上昇「首のすげかえ」まんまと成功
自民、強気 衆院解散や集中開催を要求

写真公開の「出し子」逮捕 350万詐取容疑(産経新聞)
住宅ローン詐欺、会社社長ら逮捕=虚偽書類で融資、20億円被害か―愛知県警(時事通信)
りそな銀、2億5000万円納付漏れ=収入印紙60万枚分―大阪国税局(時事通信)
枝野新幹事長就任会見詳報(1)(産経新聞)
民主代表選 菅直人氏選出 選挙モードへの突入を宣言(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。