So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し(産経新聞)

 1年前は政権与党の座にあった自民党に、存在感が見えない。首相指名に続き、週明けには組閣が予定されるなど、世間の耳目はしばらく民主党に集まりそう。どこまで野党の存在感を示せるか。参院選に向けた戦略の見直しも迫られそうだ。

 「すべて参院選のためのようにしか思えない」。目前の参院選に立候補予定の三原じゅん子さんは、民主党の一連の動きに憤りを隠さない。

 遊説先では民主党への批判を強く感じるという。「街頭では自民党への声援をすごく感じる。追い風が吹いていると思う」。埋没感については気丈に「そうは思っていません!」ときっぱり。

 それでも自民党の危機感は強い。4日午後7時からのNHKニュース。民主党の話題が約20分間放送されたあと、自民党の出番は谷垣禎一総裁と大島理森幹事長のコメントが2人合わせて30秒ちょっと流れたのみ。

 自民党にとって「失態続き」の鳩山首相の政権運営は、政権奪還への足掛かりをつかむ好材料だった。しかし、菅直人新首相の誕生で民主党支持率が持ち直し、参院選に向けた風向きが一変する可能性がある。

 幹部からは「鳩山、小沢両氏がいっぺんに辞めたら争点がなくなる」(森喜朗元首相)との声も出る。「敵失頼みの限界が露呈した。谷垣執行部の刷新を求める声が必ず出てくる」(中堅議員)という声すら聞かれる。

 気になるのは、週明けに明らかになる、菅新首相選出の結果を反映させた世論調査の数字だ。世論調査に詳しい川上和久明治学院大学副学長は「直近の安倍、福田、麻生の3内閣の発足の際は、内閣支持率は約20%回復した。『人心一新効果』ともいえ、今回も民主党への支持は回復するだろう」と見る。

 その上で、自民党については「依然、古い体質を払拭(ふっしょく)できていない。これまでのところ自民党支持率にあまり変化がないのはそのためだろう」と厳しい見方をしている。

【関連記事】
強い左派色 外交・安保に不安 菅直人新首相
鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅
新首相の「脱小沢」に警戒 自民
民主党ニヤッ…支持率急上昇「首のすげかえ」まんまと成功
自民、強気 衆院解散や集中開催を要求

写真公開の「出し子」逮捕 350万詐取容疑(産経新聞)
住宅ローン詐欺、会社社長ら逮捕=虚偽書類で融資、20億円被害か―愛知県警(時事通信)
りそな銀、2億5000万円納付漏れ=収入印紙60万枚分―大阪国税局(時事通信)
枝野新幹事長就任会見詳報(1)(産経新聞)
民主代表選 菅直人氏選出 選挙モードへの突入を宣言(毎日新聞)

<明石殺人>大学1年の三男を指名手配(毎日新聞)

 兵庫県明石市の民家で主婦(48)が死亡しているのが見つかった事件で、県警明石署捜査本部は25日、殺人容疑で逮捕状が出ている大学1年の三男(18)を全国に指名手配した。

 三男は今月18日午後、自宅で刃物で主婦の首を切りつけるなどして殺害した疑いがもたれている。捜査本部によると、三男は両手の甲に傷を負い、18日午後4時すぎ、自宅から約1キロ離れた薬局で消毒液と包帯を購入したという。

 三男は事件後、JR西明石駅から電車で姫路駅へ向かい、バスで同県姫路市内を移動したとみられるが、その後の足どりは不明。【村上正】

【関連ニュース
見当たり捜査員:指名手配500人を追って雑踏に
長崎警官重軽傷:容疑者を特定、殺人未遂容疑で指名手配
警視庁・見当たり捜査:目で目元を追え! 手配写真500枚、記憶力の勝負
拳銃所持:容疑で組員を指名手配−−県警 /香川
伏見の母子殺害:手配の夫の衣服?発見 福井の海岸近くで /京都

<遺棄毒ガス訴訟>中国人遺族らの賠償請求棄却 東京地裁(毎日新聞)
外で活発に遊んだ子ほど学習熱心に(読売新聞)
死刑と無期懲役はなし 殺人、性犯罪で量刑重めに(産経新聞)
2020年の五輪 都体協が招致要望(産経新聞)
全国初、女性の県議会議長が福岡で誕生(読売新聞)

「不公正評価で昇給延期」=教諭への賠償命じる―東京地裁(時事通信)

 不当な業績評価で昇給を延期されたとして、東京都世田谷区立小学校の男性教諭(57)が損害賠償などを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。青野洋士裁判長は「評価は事実に基づかず、不公正だ」として、都と区に慰謝料など約14万円の支払いを命じた。
 判決によると、教諭は1998年度から2004年度まで、病虚弱児向けの区立施設で勤務。04年度は施設の副園長らから、児童のひいき、大声での叱責(しっせき)などを理由に5段階で下から2番目の評価を受けた。
 この結果、昇給が3カ月延期され、研修受講も課されたため、措置取り消しを求めたが、都人事委が08年に棄却していた。
 青野裁判長は、副園長らの評価を「職務記録に記載のない材料を使っている。根拠を見いだし難い」として、違法と認定。人事委の審理も「事実関係の把握が不十分」と指摘した。 

淀川女性遺体 養父母宅に睡眠薬 被害者から検出と同成分(毎日新聞)
<淀川他殺体>女性に多額の保険 同居夫婦と養子縁組後(毎日新聞)
公務員採用半減見送り 政府 総論賛成も各省庁が反発(産経新聞)
<東北道8人死傷>運転の29歳男性、書類送検の方針(毎日新聞)
たちあがれ日本 参院比例に中畑氏擁立 青少年育成に意欲(毎日新聞)

例大祭の行列で馬2頭暴れ、6人重軽傷(読売新聞)

 5日午後1時55分頃、大津市長等(ながら)の国道161号で、長等神社(大津市三井寺町)の恒例行事「例大祭」のため町を練り歩いていた行列の中の馬2頭が、突然暴れ出し、振り落とされた滋賀県野洲市内の会社員男性(30)が左足骨折の重傷、手綱を引くなどしていた高校生3人を含む16〜54歳の男女計5人が、馬に引きずられるなどして軽傷を負った。

 通行人や観客にけがはなかった。

 大津署が原因などを調べている。

 長等神社などによると、行事には、馬を提供する乗馬クラブ関係者ら約100人が参加していたという。

税収回復まで公約抑制=行政刷新相(時事通信)
首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ−普天間(時事通信)
郵便不正公判 「凛の会」元会長の一部無罪で検察側が控訴(産経新聞)
郷田九段、寝坊で不戦敗のペナルティーでファンと対局(スポーツ報知)
警察官を名乗る振り込め詐欺で、68歳女性が150万円被害(産経新聞)

<将棋>甲斐が女流初タイトル(毎日新聞)

 将棋の第3期マイナビ女子オープン五番勝負の第3局が19日、東京・将棋会館で行われ、181手で挑戦者の甲斐智美女流二段(26)が矢内理絵子女王(30)を破り、3連勝で奪取した。甲斐の女流タイトル獲得は初めて。矢内は3連覇を果たせず、無冠になった。

 甲斐は石川県七尾市出身。中原誠十六世名人門下で97年、プロ入りした。08年の第1期マイナビ決勝五番勝負では矢内に1勝3敗で敗退。だが、今回はストレート勝ちで新女王となり、実力をつけたことを示した。

【関連ニュース
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
学生将棋選手権:早稲田大Aが優勝…団体戦
将棋:羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局
将棋:羽生、押し切り先勝 名人戦第1局
将棋:三浦大長考、決戦か 名人戦第1局2日目

石原都知事 新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
参院千葉に水野前議員=21日に出馬要請−みんなの党(時事通信)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
峠の捨て犬救え!作家らが捕獲、飼い主探しへ(読売新聞)
5月決着、先送りの可能性=普天間移設で防衛相(時事通信)

民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は16日午後、松山市で記者会見し、夏の参院選愛媛選挙区(改選数1)に新人でNPO法人理事の岡平知子氏(52)を擁立すると発表した。
 岡平氏は2009年衆院選愛媛2区に社民党から出馬し、落選した。民主党が岡平氏を引き抜く形で参院選に擁立することに、社民党は反発している。これに関し、小沢氏は「社民党も一緒に支援できる候補者をと努力してきたが、見いだせなかった」と説明した。 

【関連ニュース
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)
<平等院鳳凰堂>柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)
中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)
<社民党>北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏(毎日新聞)
「新党の話してない」=橋下、東国原知事と接触−自民・舛添氏(時事通信)

福島氏、岡田氏に反論「自覚を持ってグアム・テニアンを提案」(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は7日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「社民党は内閣の一員として与党の一員として、自覚を持って米領グアム・テニアンを提案した。『あれもダメ、これもダメ』と言っているわけではない」と述べた。同日午前の衆院外務委員会で岡田克也外相が「(社民党も)政権を担うものとして自覚を持ってほしい」と発言したことに反論した。

【関連記事】
中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府
「執行やめてほしい」 中国の日本人死刑通告で福島氏
「利権ないと壊れる」 福島担当相、与謝野氏ら離党で自民批判
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」
社民・福島氏、中国に「覚醒剤で邦人の死刑、ちょっと待って」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

菅財務相「小泉さんも逃げた」 消費税引き上げ(産経新聞)
<全国知事会議>外国人への地方選挙権付与 賛否表明見送り(毎日新聞)
「衝撃音なく気づかなかった」ひき逃げ容疑の男逮捕(産経新聞)
新種の貝、志摩半島沖で発見=「単板綱」に分類、日本初−三重大(時事通信)
<名張毒ぶどう酒事件>他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第(毎日新聞)

児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく(産経新聞)

 神奈川県中央児童相談所(藤沢市)がまとめた「児童相談所における性的虐待調査報告書」で、性的虐待の多くが父親によって行われ、子供の告白がなければ発見が難しい実態が浮かび上がった。同相談所は発見の鍵となる学校などで研修を行い、早期発見・介入につなげたい考えだ。

 報告書は、平成18〜20年度の3年間に県児童相談所5カ所で受理した18歳未満の性的虐待相談108件の実態調査をまとめた。

 それによると、被害を受けた子供のほとんどが女子で93%を占めた。虐待者では実父の34%が最多。次いで「実父以外の父(継父、養父)」31%、「母親の内縁の夫」10%の順で、主に父親が行っていた。

 虐待者の63%が定職に就いることも判明。保護の怠慢・拒否や身体的虐待など他の虐待では無職・不安定が多いのに比べ、社会的な信用を得ている事例が多いのも、発見の遅れにつながっている一因とみられる。

 虐待の内容は「身体接触を伴う性行為」の88件が飛び抜けて多かった。虐待を受け始めた年齢は8〜13歳に集中し、多くが小学生のうちに始まっていた。中央児童相談所は「親が言うことを聞かせやすい年齢に始まる。あざができたりせず、母親不在時に密室で行われ、発覚しにくい」と指摘する。

 こうした虐待は「子供の告白」で発覚した事例が68%、「家族が目撃」11%。「家族などが子供の行動症状(年齢不相応の性的言動など)から疑う」9%など家族が気付く事例は少なかった。告白の相手は学校教職員28%がトップだった。

 同相談所は「相手が親であっても嫌なことは嫌と言っていいこと、被害に遭っても自身の価値は変わらないことを子供たちに知ってほしい」と呼びかけている。

【関連記事】
大阪の2歳虐待死 子供の愛想笑いに怒りか
「モラルの要」窮地 性的虐待 闇に葬る?
「どう接したら…」 2乳児遺棄の母、長男を虐待か
増え続けるDV 「自分はダメ人間、私のせい…」被害意識なく気づかず
門真の2歳児虐待 母も認識?少年問いつめる

アパートの強度偽装、事前にばれて建築されず(読売新聞)
千葉佐那 ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増(毎日新聞)
<囲碁>早慶、15回の授業で単位取得(毎日新聞)
年内引退に惜しむ声=「悲しい」「残念」−山崎さん搭乗前にシャトル地元(時事通信)
服役中もブログで抗議し「再審めざす」 前和歌山市長を収監(産経新聞)

<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)

 気象庁は1日、東京の桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表した。平年より4日早く、昨年より1日早い。3月22日の開花から10日で満開となった。

【関連写真特集】写真で見る各地のさくら便り2010

 満開は「標本木」で8割以上が開花した状態を指す。気象庁職員が1日午後2時ごろ、千代田区の靖国神社境内にある標本木を確認したところ、約9割が開花していた。前日は6割程度の開花だったが、1日は東京の最高気温が4月下旬並みの20.7度まで上がり、一気に開花が進んだ。

 2日は雨の見込みだが、週末は天気が回復し花見日和になりそうだ。【飯田和樹】

【関連ニュース
【関連写真特集】写真で見る花見今昔 飲めや歌えは連綿と
<関連写真特集>毎日植物園・春 サクラ、モモ、チューリップも
<特集>さくら情報はこちらで 投稿も募集中
特集ワイド:命に気づく「弁当の日」 人と人+人と自然+体と心

<宝塚音楽学校>40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)
<人事>農林水産省(毎日新聞)
<私のしごと館>わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
高速道に上限料金=車種別、6月から−普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)
普天間移設 5月末決着目指す 外相、米国防長官に伝達(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。